So-net無料ブログ作成

「いてもうたろか」で上司に体当たりした京都・右京区役所納税課の男性係長(47)を逮捕 [事件・犯罪]

ヤフーニュースにあったこのニュース、「いてもうたろか!」が印象に残りますがまずは内容をどうぞ。
帰宅促された係長「いてもうたろか」と体当たり

京都市は24日、定時退庁日に上司から早く帰るよう言われて腹を立て、体当たりをしたとして、右京区役所納税課の男性係長(47)を停職5日の懲戒処分にした。

 発表では、係長は今月1日、定時(午後5時15分)を過ぎた午後5時30分頃、市民から受けた納税相談の事務作業をしていた際、課長(59)から何度も早く帰るよう促され、「いてもうたろか」などとどなって、体当たりした。課長にけがはなかった。

 同課では9月から職員1人が休職中で、係長の業務が増えていた。係長は「仕事が増えたのに早く帰るように言われ、カッとなってしまった。反省している」と話しているという。

 市は指針で、上司や同僚に暴行した場合、停職にすると規定。定時退庁日は、毎週水曜と毎月16、21日に設定されている。


ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101224-00000516-yom-soci

この記事だけでは全然判断できませんが、加害者の係長からするときっと仕事のウップンが溜まっていた所に、上司のイヤラシイ言い方でもされたんでしょうかね。

殴る蹴るにならずよかったのと、被害に遭われた方に怪我が無いようで何よりですが、言い方や状況一つで態度を急変させてしまう方も結構見かけますので、上の立場にいる方は人物を理解するのと、その時々によって言い方や話し方を変えていかなくてはいけませんね(当たり前ですが)。

「いてもうたろか」って相当怒りが込み上げてないとなかなか出てこない言葉ですね。
どんな意味かといえば
  • 「いてまう」は「逝ってまう」
  • 「たろか」は「してやろうか」
で、つまり「殺してやろうか(やってやろうか)」という、文章にも言葉にもしたくない非常に物騒な言葉です。

そしてもう一点気になった点は、体当たりをしてその後の警察が来るまでの時間はどんな事になっていたんだろうか?

お互いケガはなかったのですから、普通に電話で警察を呼んだとは思いますが、「帰る!」「ちょっと待ってろ!」とかのやり取りがあったのか、あるいは謝罪していたのか、口論が白熱していたのかはわかりませんが、どんな光景だったのかが個人的にちょっと気になってしまいました。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。